A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

Starting life in AU/オーストラリアでの生活準備 お役立ち情報

(友達からの質問)海外でのケータイどうする?日本でも海外でも使えるよう夫婦でSimフリーにしました

投稿日:8月 17, 2016 更新日:

dsc_4648

Hello,。

今月末にカナダに留学をする予定の友達と話していたの時に「ケータイって向こうでどうすればいいかな」という話題に上りました。

僕がいつもオーストラリアで現地のsimを入れて使っているという話に興味を持ったようです。

話を聞くと友達は某キャリアで買ったiPhoneとiPadを所持しているとのこと。言うまでもなく日本のキャリアで手に入れたスマホはロックされているので海外に行って現地の通信会社のsimを入れても使えません。

(注 8Sep追記)現在、一部のキャリアではiPhone6s世代より前の世代のApple製品の一部でSim Lockの解除ができるそうです

 

僕も以前、キャリアのiPhoneを持っていた時にオーストラリアに滞在。外でiPhoneを使うことができず、不便な思いをしました。

昨年の春先にケータイが壊れ買い替えなくてはいけなくなりましたが、キャリアで新たに買うことには抵抗を覚えました

2年契約で計20万円近くもお金を払っているのに海外に出かけた時は現地simより高額なローミングを利用するか別途ポケットwifiを用意しなくてはいけないなんて、情弱をいじめすぎでないか、他に選択肢がないかなと考えた末に(出費が痛かったものの)simフリーの端末(iPhone)に切り替えました。

僕もケータイについては調べ、色々考えて最後には結局は、、、、iPhoneにしました。

日本と海外を行ったり来たりする人やワーホリや移住をこれからしようという人にとってはケータイはあなどれないトピックです。

なにせ、現地から日本の家族や友達との連絡はスマホが便利ですし、オーストラリアの銀行口座開設も電話番号がないとできません。それに好きな映画や音楽を持ち運んでリフレッシュにもスマホは大事な役割をなしています。

さて、海外移住する人はどういうsimフリー端末選びをしたら良いか。僕の経験と選択をご紹介しつつ、考えたことを書いていきます。

 

スポンサードリンク



僕ら夫婦にとってもケータイは考えもの

simフリーのiPhoneを買った時にはまだオーストラリアに移住すると決めていたわけではありませんでしたが、メルボルンに帰省した時に使えるようにと日本でもオーストラリアでも(旅行も好きなので世界中で)使える端末がやはり必要だと強く感じました。

移住を決めた今はなおのこと国境にしばられないケータイにして良かったと思っています。

もし、キャリアで新たなスマホにしていたら海外では使えないため、解約せざるを得ません。それが2年契約の途中であれば解約料や残債処理、なおかつ新たなケータイを買ってデータ移行などなど面倒なことや出費がかさむことになっていました。

2016年2月にメルボルンに行った時は現地通信会社オプタスのプリペイドsimを購入。2週間の滞在中6GBのデータ通信と無制限の電話のプランを利用しました。

データ量はあまるくらいで、しかもセール中だったので費用はたったの10ドル。

日本からも家族が遊びに来ていたのですが5000円かけて5日間レンタルしたポケットwifi持ち運んでいました。それと比べてバリューはもちろん、何よりも日本と同じ使い方ができて便利でした。

 

海外でも使えるsimフリー端末を選ぶ上で大事な要素

ここ数年、「格安スマホ」と呼ばれるsimフリー端末が流行っています。でも海外で利用する場合はsimフリーならばすべてオッケー!というわけではないのです。端末を選ぶ上でのポイントを整理しました。

 

  1. 日本、海外(オーストラリア)両方で使えるために周波数は対応しているか
  2. 技適はある?
  3. そして価格

①日本、海外(オーストラリア)両方で使えるために周波数は対応しているか

現地のケータイ会社のsimを挿して使うためにはその会社の周波数に対応した端末であることが必要です。

例えばオーストラリアの通信会社でプリペイドsimのプランが充実しているOptusで4Gの電波を掴むのでしたら以下の4Gバンドの少なくともどれかに対応した端末でないと使えません。

2100Mhz (バンド1)  タスマニアのみ

1800Mhz (バンド3) 

2600Mhz (バンド7)

700Mhz (バンド28) 

端末の対応周波数帯がわからない場合はスペック表を確認したり、サポートにきいたりしましょう。

 

 

②技適はある?

次に大事なのが技適です。

端末が国から認可を受けているか、法律的に使えるかどうかも選ぶ時に考慮しました。

日本や各国の技適(英語ではRegulatory)があるかどうかは「設定」などから確認することができます。 ちなみに後述のiPhone6とNexus5xはヨーロッパやアメリカ、日本、オーストラリアとニュージーランドの技適を通っています。

色んなブログを読んでいると技適のない端末を現地で使っている方もいるようですが、僕たちのように長く住む場合は気にした方が良いかもしれません。

img_5182

iPhoneの【設定】画面から技適の証明が載ったページを確認できます。

R-NZがオーストラリアとNZで使えるという「技適」になります。日本のはその下に

 

③そして価格

simフリースマホの価格はまさにピンキリ。iPhoneなどハイスペック機は高い!ですが、iPhoneならば数多くの周波数に対応しているし、各国の技適も有しています。操作性と好み、あとはどれだけ長く使うかも大事な要素です。円高などのタイミングで現地で買うと安い場合があります。

 

結論 僕たち夫婦が世界中で使えるために買ったケータイはこれ

僕 iPhone 6

決め手は上に挙げた理由を全部備えていること。あとはMacを使っているので互換性も大事でした。また家族がキャリアのiPhoneを使っています。僕は国内でmvnoを利用して運用していますから通話し放題がありません。しかしFaceTimeだと無料で通話できてお得と考えました。あとはやはりiPhoneが好きでした笑

ただ後悔はiPhone SEが出る前に買い替えたのですが、サイズ的にはやはりSEが良かったなということ。しかし、壊れていて買い替えなくてはいけなかったので仕方ありません。

購入はメルボルンで。免税手続きをとったので日本より安く買えました。

 

ダーリン Nexus 5x

今年の春先にダーリンが使っていたキャリアのiPhone 5cが契約満了となったのでsimフリーへ。iPhone SEと迷ってNexus 5xにしました。アンドロイドのフラッグシップ機でiPhoneと並んで数多くの周波に対応。世界中の国々の技適もあります。操作性もよく、快適に動きます。

日本で買うと高いのですが、ebayでグローバルモデルを半値近くで買うことができました。ほどほどの値段で高機能を求める人にオススメです。

 

simフリーのメリットとデメリット

まずデメリットは初期費用として端末代全額がかかるということくらいでしょうか。しかし、キャリアで2年契約を全うするよりはmvno利用でトータルでは安くなります。

また、海外に引越を控えた現在はmvnoで運営していますが、夕方電車内では通信が遅いことがあります。

メリットは海外で使えて便利なこと、費用がトータルでは抑えられることが大きいです。キャリアに毎月15000払っていたのが、夫婦で月々の通信費は3500円くらいになりました。またキャリアの2年契約に縛られないのも気が楽でいいです。

そして何より、国境関係なく持っているスマホをどこでも使えるっていう自由度にワクワクしてしまいます。

海外を旅をするのが好きな人、仕事で海外へしょっちゅう行く人、ワーホリや留学、海外移住を考えている人にはsimフリースマホがおすすめです。





-Starting life in AU/オーストラリアでの生活準備, お役立ち情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

永住権申請者が行ける無料の英語クラスAMEPについて修了後の感想

AMEP=Adult Migrant English Programってご存知でしょうか? パートナービザなど永住権を申請した人や永住権所持者や特定のカテゴリーのビザの人が無料で通うことができる英語ク …

サッカーファンのためのAAMIパーク(メルボルン レクタンギュラー スタジアム)攻略法

Hello, mate! 筆者はもともと日本ではJリーグのあるチームのサポーターでした。メルボルンに来てからもJリーグの試合結果はいつもフォローしています。もちろんAリーグに興味があり、時々ではありま …

iPhone6の画面が壊れたのでメルボルンのチャッドストーン/Chadstone Shopping Centreに修理しに行った時の話

昔パリで撮ったApple Storeの写真。ルーブル美術館の地下にあった   Hello, mate! ぼくの愛用スマホはiPhone 6で、メルボルンのチャッドストーンショッピングセンター …

メルボルンから列車の旅 バララット/Ballaratの見どころ

Ballaratという街がメルボルンから1時間半ほど列車で行ったところにあります。 今回はBallaratへ一泊旅行した時のことや、アクセスや見どころについてご紹介してみようと思います AD メルボル …

スマッシュドアボカドあれこれ 自分で作るのもおいしいかも

メルボルンに引っ越してきて1年。まだまだメルボニアンやメルボルンっ子とは言えない筆者ですが、個人的にはスマッシュドアボカドはメルボルンのソウルフードなのではないかというふうに思います。   …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ