A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

Living in Melbourne Starting life in AU/オーストラリアでの生活準備 文化/Culture 社会/society

世界一住みやすいメルボルン これから移住するぼくなりに感じる良さ

投稿日:8月 22, 2016 更新日:

dsc_4781

Hello,

 

メルボルンがエコノミストが選ぶ「世界で住みよい街」の第1位を6年連続で獲得しました。

治安は6年前よりは悪くなっていると犯罪発生率の数字を持ちだして批判をする記事ももありますが、6年連続というのは快挙には違いありません。

 

僕としては「メルボルンが世界で屈指の住みやすい街」なのかは正直にいってしまうと住む前なのでわかりません。

しかし、町並みの美しさや大きすぎず小さすぎない都市としての規模、整った交通機関、自然の景観が残っている点など優れた面が数多くあります。

 

今まで僕はオーストラリア、英国、フランス、ドイツ、中国、アイルランド、アメリカを旅行したことがあります。旅のなかで各地の大都市を見てきました。僕の経験からみたメルボルンの特徴を感じたことを書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク



ほどよいくらいに交通網がある

dsc_4624

メルボルンでは市街地を走るトラムが有名です。中心部のフリーゾーンでは運賃が無料で、学生や観光客にとってはとても便利。

また、トラム以外にも郊外へいく電車がフリンダーストリート駅、サザンクロス駅、フラッグスタッフ駅などを中心としたCity Loopを中心に東西南北へ運行しています。

 

以前、サザンクロス駅から郊外ベンディゴへ向けて小旅行をしたことがありましたが、東京で例えるとロマンスカーで箱根に行くように快適に旅をすることができました。

 

市の中心地と近郊が電車に乗ってつながっていますから、緑豊な郊外から中心部へと通勤することができます。

東京は世界屈指のメガシティですから、中央線で新宿から1時間以上乗って高尾あたりで自然ある風景になってくるという感じです。

一方、メルボルンは中心部から5分もすればゴルフコースなど緑が車窓に現れます。20分も乗っていれば完全に丘や谷があらわれ郊外となります。

東京のように電車通勤が苦になるということはありません。もちろん混んでいて座れないことはありますが。

 

ヨーロッパを思わせる綺麗な建物とモダン建築が融合した街並み

dscn1808

19世紀のビクトリア風の綺麗な煉瓦や石造りの建物が残っています。ロンドンほどではないものの、歴史ある街としての風格があります。僕はメルボルンの町並みは日本でいうと小京都といわれた金沢に近いと思っています。京都と金沢の関係のようにメルボルンには伝統ある街ロンドンの面影があり、実際「小さなロンドン」といわれています。

 

一方ではメルボルンオリンピックを契機として、モダン建築が建てられました。Melbourne Central駅内部には昔の塔をすっぽり覆う形で残されて、ショッピングセンターと駅の一部となっています。ちなみにあの塔(Coop’s shot tower)は散弾を作るための施設で50mの高さを誇ります。

 

伝統的な教会、建物などが残る一方でモダニズム建築も存在し、オセアニアというよりもヨーロッパにある街のような気さえします。

 

アートを大事にする風土

dscn1790

NGV=National Gallery of Victoria

 

英国の大英博物館などもそうですが、州立美術館NGVの常設展は無料です。また日本と少し違うのは体験型のアートやインスタレーション作品を楽しめることです。

ある時にはVRゴーグルを使って架空の街を探索する展示があり、僕としては初めてのVR体験をし、とても感動しました。美術館のエントランスや庭には子どもが触れて遊べるオブジェが置かれていることがあります。

dsc_6193

NGVの裏庭。ミストを出す装置で遊ぶこども

NGVの他にも歴史や自然に関する展示が多いMelbourne Museumや街角の小ギャラリーがあります。また、アートに関するイベントや催し物、マーケットがしょっちゅう開かれます。僕もマーケットで手作りの木製万年筆を買ったことがありました。夕方、ヤラリバーのほとりでは夕方にストリートパフォーマンスや演奏を聴くことができますから、音楽好きにはこちらも見どころです。

 

(ほぼ)なんでも揃う

スーパーにはカンガルーのお肉が

スーパーにはカンガルーのお肉が

大きなショッピングセンターがあり、ブランドものからユニクロまで揃います。ちなみにうちがよく行くモールはChadstoneです。日本にはない広大な敷地に高級ブティックやデパートをはじめ、カジュアル衣料もあり、雑貨もあり、スーパーもあり、カフェもあり、映画館(ただし今は改装中)もあり、、、、歩いているだけで十分楽しいです。

シティや郊外ともKマートやターゲットなど安い日用品(といっても日本と同じか少し高いですが)のお店もあります。

家具も日本と同じくIKEAなどもあるし個人経営のおしゃれな家具屋さんもあります。

もちろんApple Storeもありますし(メルボルン近郊だけで4店舗あります。ということは東京よりも多いのですがやはりジニアスバーは混んでいますね。。。)、JB Hi-Fiという家電屋さんなどでガジェットが手に入ります。

食べ物は食に対する意識が強いせいか、オーガニックをはじめ世界各国の食材は揃います。ただ、個人的には日本のお酒の高さが痛いところです。ある時には芋焼酎1.8Lの瓶が90ドル近くで売られていました。。。。

img_1661

 

多文化共生社会 外国人と思われない

dscn1816

これが僕が今までみたメルボルンの一番良い面だと感じています。

オーストラリア自体が「移民の国」です。特にメルボルンにはアボリジナル、英国系、東欧系、アジア系など数多くの多様なバックグラウンドを持つ人が住んでいます。

僕も街を歩いているだけでは観光客だと容姿で判断されることはありません。

 

「でも、移民の国だったらアメリカだってそうだし、英国やドイツも移民がいっぱいいるでしょ」

と、思われるかもしれません。

 

しかし、たしかにそれらの国は移民がいっぱいいて「多文化」ではあるけれども「多文化共生」かは疑問です。

例えばロサンゼルスではかつては「ロス暴動」が起きて、黒人と白人の中に大きな亀裂が走りました。2013年に僕がLAに行った時に感じたのは人種によって住む地域が全く違う極端な格差社会だということでした。地下鉄、バスに乗ると観光客のほかは黒人かヒスパニック系しかいませんでした。

ドイツと英国はもともとが移民による国ではないし、英国は移民排斥が発火点となってBrexitがありました。

 

一方、メルボルンは多くの人種が集い、比較的共生しているといえるのではないでしょうか。例えばサッカーオーストラリア代表の監督はメルボルン出身ですが生まれはギリシャです。代表チームには同じくメルボルン出身で日系の血をひく選手もいます。

もちろん、一部には移民や昨今の中国系住民に対してネガティブなイメージを持つ人は存在します。それでもLAのように住むところがあからさまに違うというわけではなく、電車に乗ると様々な容姿の人たちがいます。そこはメルボルンの良さかなと感じています。





-Living in Melbourne, Starting life in AU/オーストラリアでの生活準備, 文化/Culture, 社会/society

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メルボルンから車で約2時間 Daylesford(デイルスフォード)への旅

Hello, mate! メルボルンからの小旅行先としてはBendigo(ベンディゴ)とかBallarat(バララット)が有名です。 メルボルンから列車の旅 バララット/Ballaratの見どころ こ …

サッカーファンのためのAAMIパーク(メルボルン レクタンギュラー スタジアム)攻略法

Hello, mate! 筆者はもともと日本ではJリーグのあるチームのサポーターでした。メルボルンに来てからもJリーグの試合結果はいつもフォローしています。もちろんAリーグに興味があり、時々ではありま …

AMEPに通いはじめて約2ヶ月 「移住者」になってみて思うこと

Hello mate! こちらの記事でも書いたとおり、メルボルンに移り住んでから健康保険や領事館への届け出など諸々の手続きを済ませたあと、AMEP(Adult Migrant English Prog …

年末年始のショートトリップ VLineにてベンディゴへ

Hello mate! クリスマスは親戚詣での1日でした。まさに日本でいうお正月モードで、両方のおばあちゃん宅へ行き、義理の叔父の家へも足を運びました。 なんとなく慌ただしかったクリスマスが終わり、夫 …

【読書】木村尚三郎『ヨーロッパ思索紀行』には多文化主義のことEUのことBrexitのこと、そして日本の将来像に関する示唆がいっぱいだった

学生の時に衝動に近い気持ちでLondonを旅しました Hello, mate! さて、あれは6月23日のこと。仕事が休みだった僕は豪ドルと両替しようとPCの前にいて両替サイトを開いていました。 前日ま …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ