A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

Diary

翻訳業に挑戦!? 最近、生まれて初めて翻訳の仕事をしました

投稿日:8月 26, 2016 更新日:

img_3250

Hello, Soichiです。

最近、生まれて初めて英文翻訳の仕事をしました。なんとか試行錯誤しながらこなすことができた、という感じです。

英語は小一の時に英会話学校に通って以来勉強してきましたが今まで、翻訳家を目指していたわけでもなくましてや専門学校などで通訳のスキルを勉強してきたわけでもありません。

 

スポンサードリンク



なぜ頼まれたか

そんな僕のもとへなぜ翻訳の依頼があったかというと、、、、端的に言って、奥さんが英語圏の出身で英語ができそうということと、僕の職業と関わる分野の翻訳の依頼だったからです。

仕事と並行して英語のクラスを夫婦でやっているのですが、偶然その様子を見ていたお客さんの方から「この人ならできるかもしれない」と思ってご依頼くださったようです。

 

依頼されたものの相場もわからず。。。。。

困ってしまったのは「おいくらになりますか」と言われた時。

自分の職業の枠内のご依頼であれば「だいたいこれくらいです」というのは言えるのですが、相場なんかも全く知らず。。。。

ウェブで「翻訳の相場」を検索したのは秘密です(笑

そして、大体業界最安値でも1ワード(1英単語)=7円ということを知りました。ある分野に強い翻訳家ならその倍以上は貰っても良いという記述も。

とはいえ、僕は翻訳家としてのキャリアはないので7円よりだいぶお安い値段で受けました。初めてだし、「授業料」という気持ちも含めて。

この業界でご飯を食べている方から怒られるかもしれませんが。。。。。

 

実際やってみて

ところが依頼された分量が初めての人間に対しては多かったと感じました。たしか、15000文字くらいはあったと思います。

ただ、知らない単語を学ぶ機会にはなりましたし、英語でこういう風に表現するんだぁという発見がありました。向こうでも今続けている仕事を現地向けにやりたいと考えているので、貴重な勉強の場となりました。

しかし、難しかったのは翻訳の原文を執筆した方がネイティブではなかったようで、「英語としておかしい」表現がいっぱいありました。その都度、ダーリンの意見をもらいながら意訳をしていきました。多少、頭を抱えた部分もありましたがなんとか乗り越えたという感じです。

翻訳する時はデスクトップに日本語訳を書いていく用のウインドウと原文のワードのウインドウの2つを並べたり、PCの辞書機能を使ったりして効率向上をはかりました。プロだったらディスプレイを2台並べてなのかもしれません。

辞書はもちろん役に立ちましたが翻訳の内容が専門的だった箇所では辞書で確かな訳語が出ませんでした。その場合は説明的に訳しながらも、原文のテイストを失わないような工夫が必要でした。

 

個人的な感想:翻訳に必要な能力など

img_1510

個人的な感想としてはやはりやってみて良かったという気持ちが強いです。上にも書いたように得難い勉強の機会となりました。

また、素人ながら反省も含めて通訳に必要なスキルについても感じたのは以下の3つでした。

 

忍耐=根気がいる作業なので。机に向かっているとお尻がむずむずする人には向いていないかも。

日本語=これはかなり大きいと思いました。日本語の文章をしっかり組み立てられる能力がないと、妙に英語っぽい語順になったり意味がわかりにくくなってしまいます。

校正=どんなものを書いてもそうですが、必ずミスがあります。特にPCでタイピングをしていると変換ミスがあります。また、後で見直すと日本語としておかしい部分が散見されたので、しらみつぶしに何周かは読み直しました。

 

僕は家業に関わりながらの自営業ですし、サラリーマンとして固定給があるわけではないのでこうした翻訳の依頼は自分のスキルを上げるためにも良い機会を頂いたと思っています。できる仕事の引き出しがほんのすこしなのかもですが、増えたような気持ちです。

翻訳は意外(?)と楽しい作業でもありました。原文を自分なりに翻訳して日本語にしていく点に楽しさを感じました。また、ご依頼の方によろこんで頂けるのも嬉しいです。今後は翻訳のご依頼があればまたやってみたいと強く思いました。





-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨の日のPrahranで出会ったテラスハウスのカフェ

メルボルンの中心部から東南あたりに位置するPrahranという地域があります。 Prahran 我が家では「パラーン」もしくは「パラン」のように発音しますが、Prahranに住んでいる友人(インド出身 …

はじめてオーストラリアのお医者さんのところへ診察を受けにいきました

Hello mate! 恵まれた体に産んでもらったのか、もともと日本でもあまり医者にかかることもなく、オーストラリアに来てからというもの特に病気をすることもなく健康に過ごしています。 AMEPには歩い …

メルボルン直行便がある成田第3ターミナルについて20回弱利用したぼくが思うこと。

陸上トラックのような成田第3の床 Photo by Soichi   Hello, mate! 成田空港第3ターミナルは2014年4月にオープンした新しいターミナルです。 主にLCCの航空会 …

メルボルン郊外にあるアートを生み出す不思議な村Montsalvat(モンサルヴァット)へ行ってきました

こんにちは。 メルボルンのシティのイメージといえば色々な人が住む「多様性」、「大きな建物」それでいて「古い町並み」も姿をとどめているといったところではないでしょうか。 今回、シティから東の方向へ1時間 …

AMEPに通いはじめて約2ヶ月 「移住者」になってみて思うこと

Hello mate! こちらの記事でも書いたとおり、メルボルンに移り住んでから健康保険や領事館への届け出など諸々の手続きを済ませたあと、AMEP(Adult Migrant English Prog …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ