A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

お役立ち情報

オーストラリアで免税のお買い物をする方法、TRS(タックスリファウンドスキーム)の活用法

投稿日:9月 17, 2016 更新日:

img_1665

Hello, mate!

ちょっとみなさんのためになる情報を。

オーストラリアではタックスリファウンドスキーム(通称:TRS。品物の代金に含まれる消費税の返還)があります。

 

これは帰国時に手続きを取ることで10パーセントの税金が帰ってくる手続きです。

 

日本で外国人が受けられる免税サービスと違って一見複雑です。

 

空港で手続きが必要って面倒くさいんじゃないの?

 

って、思っていましたがやってみたらとても簡単でした。

TRSの活用法についての体験談をご紹介します。

AD


けっこうシンプル。TRSのやり方!

Chadstone チャッドストーン

Chadstoneにあるショッピングセンター。ユニクロ、MUJI、高級ブティックからスーパーまでがそろう

 

オーストラリアへ旅行に行った時、条件を満たせば消費税分がかえってきます。ちなみにオーストラリアの消費税は10パーセントです。

ただ、条件がありますので詳しくはTRSの公式ページの日本語のPDFの案内があります。
要点だけまとめると

_出国60日前以内に買った品物であること

_ひとつの店舗から税額分を含んで300ドル以上購入した場合(何点でも。同時購入でなくてもオッケー)

_タックスインボイス(買った時にお店からもらえるレシート的なやつ)が必要

_ビール、酒類、タバコは例外

 

ということになります。
1店舗で300ドル以下の買い物では適応されません。
ひとつのお店で合計300ドル以上買った場合のみ、出国時に税金の還付手続きをうけられるのです。
タックスリファウンドを受けるには、帰る時に空港の出国審査を抜けたあとすぐ近くにTRSのカウンターがあります。メルボルン空港ではわかりやすいところにあるのでだれでもすぐわかると思います。

そこにならんで、

 

タックスインボイス
パスポート
航空券
購入した現品

を見せます。

購入した現品は、液状の物やサイズが大きくて受託手荷物にせざるを得ない物は持っていく必要はありません
一年半前にiPhoneを買った時にTRSを申請しました。空港のTRSカウンターでは、払い戻しのために「デビットカードかクレジットカードはあるか?」と訊かれました。
払い戻しは、小切手などもできるという情報も得ていましたがそうした話は出てきませんでした。

 

ちなみにiPhoneは当時現地では999ドル。うち消費税は約90ドルでした。

消費税分を差し引けば日本で買うよりも安くで購入できるのでおトクでした(当時のレートです)。

余談ですが一年半前までオーストラリアのアップルストアの良かったところは、iPhone5cのシムフリーが手に入ったことです。

 

税抜きだと大体8GB版で4万円代くらいで買えました。今はSEがそれよりお得に買えますが、当時は6が10万近くしてお買い得感がありましたね。。。

 

ちなみに、Macbookは税金分を抜いてもなぜか日本より高額でした。

 

ChadstoneにあったBeatlesコラボシューズ

ChadstoneにあったBeatlesコラボシューズ

さて、クレジットカードの番号をTRSのスタッフに教えて翌月の明細をみると税金分が無事に引かれた金額が請求されていました。

 

軒並み物価の高いメルボルンですが、税金まで計算すると日本より安くで手に入る物もいくつかあります。
300ドルというハードルはちょっとキツイですが、もし欲しい物があれば良いお買い物ができるのではないでしょうか。

 

例えばDavid JonesやMyerなどデパートで化粧品やお土産などをまとめて買って免税を受けるとお得です。

 

楽しい旅の思い出とともに素敵なお土産もお得に買えるといいですね。





-お役立ち情報

執筆者:


関連記事

(友達からの質問)海外でのケータイどうする?日本でも海外でも使えるよう夫婦でSimフリーにしました

Hello,。 今月末にカナダに留学をする予定の友達と話していたの時に「ケータイって向こうでどうすればいいかな」という話題に上りました。 僕がいつもオーストラリアで現地のsimを入れて使っているという …

オーストラリアでショッピングする時に日本人が知らないといけない英語表現How’s going?と言われた時の対処法

Hello, mate! 街並み散策、美術館や名所めぐり、食べ物と並んで旅行時に楽しみなことのひとつといえばショッピングです。 スポンサードリンク 物価は高いけれどTRSなどでお得な買い物は可能! オ …

【友達のために作ったメモを公開】メルボルン旅行に必要だと思うもの

全豪オープンが終わりました。ご存知の通りフェデラーの復活から二連覇という結果に。昨年暮れ、日本にいるテニスコーチをしている筆者の友達が「全豪があるからメルボルンに来たい」とLINEでメッセージを送って …

船便で送った荷物が届きました! 東京〜メルボルン間を49日

Hello, mate! メルボルンに到着してから3日目、11月29日のことでした。 バックヤードでお茶を飲んでいるとベルが鳴りました。デリバリーが見覚えのあるダンボールを運び入れてくれたのです。 & …

本を日本からオーストラリアへ送るなら?国際郵便「印刷物」について調べてみました

Hello, mate!   オーストラリアに引越しが2ヶ月後に迫ってきました。   もうすでに飛行機のチケットはゲット済み。預かり手荷物のオプションはMAXの40kgでお申し込み …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ