A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

Diary Language/言葉 opinion

国際結婚したぼくがやってみてよかった英語学習法や英語を学ぶということについて その1

投稿日:9月 21, 2016 更新日:

dsc_6061
Hello, mate!

 

前にアメブロをやっていた時にペタして頂いたのを辿っていったりすると英語の学習方法についてのブログに行き着くことが何回かありました。

また、電車では英語教室や書籍の広告が必ず2つ以上は目にします。

 

やはり、英語に対するニーズが大きいんだなぁと実感します。

うちでは夫婦間の会話はほとんど英語で、一日のうち話す言語の比率としてもかなりウエイトが高いです。

 

まぁ、もちろんネイティブじゃないので間違えるのもしばしばだし、英語の記事は表現が難しいのでささっとは読めませんが、

 

英語を使うというレベルは我ながら達しているのかなと思います。

 

お嫁さんとも出会ったその日から英語で楽しく話せて、親しくなれたのも英語を使えたからだと思います。

 

そんなで、「英語をしゃべれるようになりたいんです。。。どうやって勉強すればいいんですか?」

という質問も良く受けるんですね。

 

今までで一番効果的だった英語の勉強法

なんで英語を真剣に勉強するようになったか

 

について書いていきます。

スポンサードリンク



文法と単語の記憶だけは効率が悪い。バイリンガルの近道は「実践」と「経験」

dsc_5126

先進国(と呼ばれている国)では、日本はダントツで英語を話せる人が少ないです。

 

まず、思うのは日本の教育ってあまり話すことを前提に英語を勉強する環境にないことです。

まぁ、おそらくはペーパーテスト至上のせいでしょうか。

 

でも、多くの人が文法を知っているし、単語もすごく良く知ってると思います。

 

普通に考えたら、不思議ですが、やはりしゃべる意識の問題が大きいように感じます。

 

多分多くの人が、文法と単語を覚えて慣用句や表現を身につけ、リスニング力を備えれば

その先にはバイリンガルの道が待っている

と思っているのかもしれないです。

 

中にはそうした流れでバイリンガルになる天才もいるかもしれないですが、

僕はちょっと違うかなと考えます。

 

英語を喋れるようになるには、一番大事なのは実践だと思います。

文法や単語はとても大事には違いないですが、

 

例えばサッカーで言えば、フォーメーションの知識や

クライフターンとか技の名前を知っているかどうかというハナシで、

 

実際にフィールドでサッカーが上手くプレーできるのを左右するのは実践から得た「経験」だと思います。

英語におきかえてみるとあまり日本人って実践が少ないのかなと思います。

 

なんでもきっちり、ルールを遵守してというのは日本人の優れたところですが、それゆえに完璧じゃなくては話すのがたまらわれるような「見えないプレッシャー」を僕も話せない時は感じていました。

僕が通っていた英会話学校でも、なかなか皆さん喋らないです。

 

当てられた時だけ、話すけどその他は聞くだけ……。

 

友達の英会話教師も「日本人の生徒を話させるのは難しい」と言っていました。

 

単純ですが、まず間違っても良いから思ったことを話すというのが一番だと思います。

 

ぼくが実践したなかでもっとも効果的だった英語の勉強法は

 

これは、僕のとっておきの英語学習法なのですが……

 

実は、今まで一番トレーニングになったなという学習法があります。

 

 

それは、

 

 

独り言です。

これを人に話すと「変だ」とか「おかしい」と言われて笑われるのですが……

 

料理をしている時とか一人で家にいる時によく英語で独り言をしていました。

 

要はイメージトレーニングなのですが、

 

もし、英語で好きな映画のことを人に伝えるとしたら、

もし、先週出かけた場所のことを英語で説明するとしたら、

 

などとお題を決めて一人で思いつくままに話しはじめるのです。

 

自分の知っている単語だけでどれだけ文章を組み立てられるか、良いトレーニングになります。

 

僕の考えですが、実践ではいっぱい単語を知っていることよりも、

シンプルでも的確な言葉を組み合わせて語った方が相手に通じます。

 

なので簡単なフレーズでもすんなり口から英語が出て来るようになるのがまずは大事なんだと思います。

 

さて、独り言のトレーニングは別に間違えても誰も不愉快にさせないし、笑われることもないので、よい練習になりました(笑)

やっぱり、イメトレしておいた話のトピックで実際に英語で人前に話すと、意外とすんなりと話せてびっくりします。

 

なぜかペラペラなスポーツ選手たち

img_3227

サッカーの話を喩えで使いましたが、イメトレとかまるでスポーツみたいに思われたかもしれません。

僕は、英語を話すのってスポーツやカラオケと一緒で体で覚えていくことなのかなと思っています。

 

意外と世界で活躍しているスポーツ選手は語学が堪能な人が多いです。

例えば、サッカーのイタリア代表でトラブルメーカーで有名なバロテッリですが、この人もかなり英語ぺらぺら。

言い方悪いですが、バロテッリは言動からあまり知性を感じるパーソナリティじゃないですよね(笑

 

英語が喋れるかどうかなんていうのは、学校の成績が良いとかそんなこととも関係ないのだと思います。

 

ぼろぼろの英語の成績だった高校時代。大学で転機が訪れる

ちなみにですが、僕の高校時代の英語の偏差値は45~48でした。

子どものころから英会話をずっとやっていたので、45の偏差値でも他の高校生より少々は英会話ができると思っていました。

 

しかし、

今思えば、発音が良かったり、フレーズを知ってたりはしたかもしれませんがしょぼいものだったとは思います

 

要するに周囲に喋れる人もいないし、なあなあで英会話やってますよという感じ(一番ダメダメですねw)だったのですが、

転機は大学の時にありました。

 

うちの大学は帰国子女がいっぱいいる大学でした。

英語のクラスでは文字通りみんな流暢な英語を喋っていました。

 

「え、みんな勉強しなくていいんじゃない!?」

とすら思っていました ^ ^ ;

 

みんなのレベルがあまりに高いため、在外経験なしの女の子が初めてのクラスで泣き出してしまいました

 

「私どうしよう、しゃべれないからついていけるかな……」と落ち込んでいたのですが……

 

よくよく話しを聞けば、

その子ですら外国人の友達がいっぱいいて、しかも彼女はインターナショナルバーでバイトしてて、

確実に僕よりも喋れる子でした。

 

これは、やばい……

 

 

と思い、喋れるようになるなら独り言でもなんでもというわけで

それ以降は大学卒業までは前よりも工夫した勉強を始めました。

 

大事になのは自分にあった勉強法を開発していくことだと思う

メルボルン市街にあった小さな図書館。本を置いていっても良いし借りていっても良いという傘スタンドのような場

メルボルン市街にあった「小さな図書館」。いらない本を置いていっても良いし、気になった本があったら借りていっても良いという傘スタンドのような場

勉強していくなかで、英語の勉強法にとても大きな影響を及ぼしてくれた先生に出会い……だんだんと楽しさもましていきました。

 

英語はその人その人によって最適な勉強法が違うと思います。

 

世の中に氾濫している教材や英語学習のメソッドをあさって、最適な勉強法を見つけてみるという手も良いかもしれません。

 

もしくは、

実践的に使えるようになるにはどういうトレーニングが良いかな?

 

と自分自身に問いかけて最適な勉強法をご自分で工夫して作っていくと驚くほど身につくという経験をすることがあります。

 

以上、僕の個人的な英語学習に関する経験でした。

読んでくださった方の英語学習の参考になれば幸いです ^ ^

 





-Diary, Language/言葉, opinion

執筆者:


  1. […] Hello, mate! Soichi(@1616Soichi)です! 前回英語の勉強法についてこちらの記事を書きました。 […]

関連記事

(備忘録)銀行員のおにいさんと握手!オーストラリアで銀行口座をNABで開設しました/2016年12月

Hello, mate!   オーストラリアに入国したら移住者にはやるべきことが最初に3つあります。   ①TFN(タックスファイルナンバー)を申し込む ②medicare(健康保 …

AMEPに通いはじめて約2ヶ月 「移住者」になってみて思うこと

Hello mate! こちらの記事でも書いたとおり、メルボルンに移り住んでから健康保険や領事館への届け出など諸々の手続きを済ませたあと、AMEP(Adult Migrant English Prog …

プリペイドだから安心 オーストラリアのスーパーマーケットColesのモバイルsimをアクティベートしてみました

Hello, mate!   メルボルンへ来て数日。 徐々に外出する機会が増えてきました。そうした時に不便だったのが、ケータイが使えないことでした。   こちらの記事でも書いたよう …

オーストラリアは年末のショッピングが佳境に Apple Watchを手に入れて感じた便利なところ

Hello, mate! メルボルンはクリスマスあとのBoxing Dayは買い物でどのお店も賑わっていました。日本でいう初売りに近い位置づけでしょうか、割引される商品もありみんなこぞって買い物をして …

【コラム】多様性について考えたこと ヒジャブを被った少女が載ったオーストラリアデイの看板をめぐる出来事について

Holy shit we did it. Australians are decent and tolerant and generous! pic.twitter.com/ZG7itobj5P — …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ