A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

tavel お役立ち情報

オーストラリアでショッピングする時に日本人が知らないといけない英語表現How’s going?と言われた時の対処法

投稿日:10月 4, 2016 更新日:

dsc_4650

Hello, mate!

街並み散策、美術館や名所めぐり、食べ物と並んで旅行時に楽しみなことのひとつといえばショッピングです。

スポンサードリンク




物価は高いけれどTRSなどでお得な買い物は可能!

オーストラリア、特にメルボルンは物価が高く、必ずしも買い物がお得というわけではありません。 例えばある時にNikeストアに入ったらスニーカーが220ドル、ショーツが70ドルということがありました。日本と同じか高いくらいです。

また、以前は無印やユニクロなど日本のブランドのお店の商品は日本で買うよりもだいぶ割高で驚いたことがありました。例えば日本で3000円で買ったシャツが45ドルとかしました。ただ、こうした日本ブランドの価格差はごく最近は縮まってきているような気はします。

とはいえ、日本からメルボルンに旅行にきてわざわざユニクロでいっぱい買い物する人はいないと思います。

オーストラリアで免税のお買い物をする方法、TRS(タックスリファウンドスキーム)の活用法

こちらの記事で紹介したように300ドル以上のお買い物をすれば消費税10%が還付されます。TRSをうまく活用すればデパートやショッピングセンターでお得に買い物ができます。

個人的なおすすめはコスメブランドのMORやNATIOなどや雑貨屋さんのMoziなど。日本では馴染みのない商品はどれも可愛らしく、見ているだけでも楽しい気分になります。(後述)

 

さて、本題です。

 

オーストラリアでは必ずお店にはいるとHow’s going?と店員から声をかけられる

dscn1808

オーストラリアでお店に入る時に店員さんがいて、必ずHow’s going?と声をかけてくれます。

How’s going?は「どんな感じ?」とか「今日の調子はどう?」というような意味です。 一見日本でいう「いらっしゃいませ」のように思うかもしれませんが。。。。。。

似て非なるものです。

知らないと痛い目をみます。

というのも「いらっしゃいませ」といわれて反応することはありません。会釈をするくらいはあっても言葉をかえすことはあまりありません。そして店員さんのほうも10秒ごとに「いらっしゃいませ」を客の顔も見ずに機械的に繰り返しています。

一方、How’s going?は問いかけです。かならず返事をするのがマナーです。もし返事をしないと失礼な人とみなされます!

かくいうぼくはその風習を知らなかったので返事をしていませんでした。

そしたらある時に、「あーあー、無視されちゃった!」と店員の女の子に小言をいわれてしまいました。

 

How’s going?への返事は

恥ずかしいながらその時「はっ」と気がついてとても申し訳ない気持ちになってしまいました。日本語のニュアンスでいうと「こんにちは」って言ったのに無視されたのに近い感じだったのではないでしょうか。

言語は文法とか発音などもありますがこういう慣習も勉強しなきゃいけないなと思った出来事でした。

豪に入っては豪に従え。。。ということでHow’s going?とショッピングの時に言われたらなんと返事するかですが、

Good, thanks. が理想的な答えです。

(万一、ひょっとしたらその後いろいろ言われるかもしれませんが、yeahとかrightとかOkayとかあいづちで乗り切ってください)

また、「なにかさがしもの?」という問いかけをされることもあります。英語ではAnything in particular? などと言われるかもしれません。その場合、何か探し物があるなら訊いてみて、もしなければJust looking. = 見ているだけです と返事しましょう。

 

おすすめ!オーストラリアならではお土産

オーストラリア土産で今まで喜んでもらえたものをご紹介します。

 

MOR

ハンドクリームやソープなどのブランド。花柄のパッケージや薄ピンク色のかわいいボトルに入っているイメージ。ローズなど植物系の香りが魅力です。女性へのお土産に大変喜ばれます。 日本でも公式通販のお店があるみたいですね。

 

NATIO

コスメのブランドですがMORと違いシンプルなイメージ。化粧品なども扱っています。MyerやDavid Jonesなどメルボルンのデパートで手に入ります。 うちはNATIOのハンドソープを愛用していました。柑橘系爽やかな香りで手を洗うのが楽しくなります。

 

MOZI

日本ではあまり知名度がないかもしれません。オーストラリアが誇るファンシーな雑貨屋さんです。原色に彩られた食器やエプロンなど日用品を揃えています。毎日の家事が楽しくなるかもですね。お母さんとか主婦の方、ファミリー向けのプレゼントに活用しています。 ちなみに我が家で愛用しているのはニワトリの図柄が描かれた胡椒と塩入れです。

img_5224

 

T2

ターミネーター2のことではありません(笑)お茶屋さんです。コーヒーをはじめ喫茶が大好きなオージーらしく、多種多様なお茶の葉を揃えています。ハーブとかフルーツ系のお茶が好きな人は必見だと思います。店頭では試飲もできます。ただ、色々なお茶がありすぎて「なにこれ?」というのもあります。 T2は茶葉だけではなくティーセットやポットも揃えています。ぼくは実家へのお土産でティーポットを買いました。

img_5225

日本でもアマゾンなどで買えるオージー謹製品

UGG

言わずと知れたオージー土産といえばこれ。エミューちゃんの皮で作られています。でも、メルボルンの街で履いている人はあまりみたことがありません。

 

ティムタム

メルボルンでは3ドル弱で売っていますが日本だと400円前後だったかな。。。 コーヒーフレイバーとか色々な種類のティムタムが存在します。日本でもホワイトチョコバージョンとか手に入る味の種類が増えてきていてうれしいです。

 

リーズナブルではないけれどもオーストラリアには可愛らしくコスメやティムタムのようなお菓子がお土産には最適だと思います。

ぼくの経験上、特に香りの良いソープやクリームなど大変よろこばれるお土産です。

 

では、また!





-tavel, お役立ち情報

執筆者:

関連記事

スマッシュドアボカドあれこれ 自分で作るのもおいしいかも

メルボルンに引っ越してきて1年。まだまだメルボニアンやメルボルンっ子とは言えない筆者ですが、個人的にはスマッシュドアボカドはメルボルンのソウルフードなのではないかというふうに思います。   …

【友達のために作ったメモを公開】メルボルン旅行に必要だと思うもの

全豪オープンが終わりました。ご存知の通りフェデラーの復活から二連覇という結果に。昨年暮れ、日本にいるテニスコーチをしている筆者の友達が「全豪があるからメルボルンに来たい」とLINEでメッセージを送って …

(備忘録)銀行員のおにいさんと握手!オーストラリアで銀行口座をNABで開設しました/2016年12月

Hello, mate!   オーストラリアに入国したら移住者にはやるべきことが最初に3つあります。   ①TFN(タックスファイルナンバー)を申し込む ②medicare(健康保 …

印鑑がないと大変。。。外国人配偶者にとっての銀行口座開設。どうすれば?

Hello 国際結婚をした人のうち必ず何割かは経験したことがあるかもしれません。 窓口で、日本で口座を作る時に「印鑑がないのでできません」と言われてしまった経験ありませんか?   じゃあ、印 …

オーストラリアで免税のお買い物をする方法、TRS(タックスリファウンドスキーム)の活用法

Hello, mate! ちょっとみなさんのためになる情報を。 オーストラリアではタックスリファウンドスキーム(通称:TRS。品物の代金に含まれる消費税の返還)があります。   これは帰国時 …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ