A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

Diary Living in Melbourne tavel お役立ち情報

iPhone6の画面が壊れたのでメルボルンのチャッドストーン/Chadstone Shopping Centreに修理しに行った時の話

投稿日:10月 9, 2016 更新日:

DSC_7774.JPG

昔パリで撮ったApple Storeの写真。ルーブル美術館の地下にあった

 

Hello, mate!

ぼくの愛用スマホはiPhone 6で、メルボルンのチャッドストーンショッピングセンターにあるApple Storeで2015年5月に購入しました。その後日本に帰ってからはMVNOのSIMを入れて利用していました。

高価ながらもなぜSIMフリーのiPhoneを手に入れたかというと、日本とオーストラリアを行き来する時や海外旅行でキャリアに縛られず使いたかったからでした。

くわしい記事はこちらをご参照ください。

 

スポンサードリンク




オーストラリアに滞在中にiPhoneが壊れた

さて、その後一年近くiPhoneを使っていたのですが今年の2月にオーストラリアを訪問して、OptusのプリペイドSIMを挿して快適なモバイル生活をオーストラリアでもやるぞ!と意気込んでいたところ、、、なんと画面に異常があらわれてしまいました。

画面の明るさをマックスにすると画面の半分だけが何故か点滅をはじめるのでした。

 

Before I got my phone fixed in Melbourne early this year. #iphone #アイフォーン #メルボルン

Soichiさん(@imurapoulos)が投稿した動画 –


その時、メルボルンは夏真っ只中でしたから外が眩しいくらいに明るくて、iPhoneの画面の明るさもそれにともなって明るくなるのでこの症状が頻発してしまいました。

せっっかくメルボルンで高いお金を払ってSIMフリーにしたのに」とテンションが落ち気味に。

 

でも、待てよ。。。

たしかiPhoneは一年間の保証があったはず!ということを思い出したのです。

以前、ケーブルがおかしくなったときも購入一年以内だったため交換してもらったことがありました。

 

急いでAppleのオーストラリア版公式ページからGenius Barの予約を取りました。ちなみに日本でも混んでいて希望の時間に予約の大変取りにくいGenius Barですが、メルボルンも同じです。とはいえ、メルボルン近郊だけでも4店もApple Storeがあります。ぼくの滞在した実家からはチャッドストーンとあともう一店舗近くにあるようでした。

mel

メルボルン中心部には直営店はなく、リテールショップが多い。郊外のショッピングセンターに4店舗が存在

 

さっそく、予約の日時にお店に行きました。

お店に行って。。。予約したのにやっぱり待った

スタッフに予約があることを告げ壁の近くで待っているように言われます。ところがなかなか順番が回ってこず。。。。ちゃんと予約が取れたのかなと不安に。

待つこと10分くらいでしょうか、やっとスタッフのお姉さんがやってきてセッションが始まりました。画面の明度を挙げて点滅する様子を見せたら、「あ~おかしいね」と。

実はたまに点滅がしない時があったりしたのでちゃんと壊れていますアピールができるか不安ではあったので一安心しました。

その後、コンディションをチェックされて「一時間後までに修理が終わるから来てね」といわれてお店をあとにしました。

修理完了!画面部分のみが取り替えられていた

結果からいうときちんと修理されていました。

 

一時間後にお店に行くときちんとなおされたiPhone 6が用意されていました。画面は取り替えられて新しくなっていましたが、それ以外の部分は一緒で、挿していたOptusのSIMもそのままでした。また、入っているアプリや壁紙設定もそのままでしたがiCloudの設定などはリセットされていました。

もちろん一年の保証があるので料金はタダです。

 

これで快適に日差しの強い野外で再びiPhoneを使えるようになり、2月の残りの滞在を満喫しました。

お店で順番待ちをしているときは少し不安でしたが思い切って修理してよかったです。もちろん、日本のApple Storeでも修理してもらえるのですが、ぼくのiPhoneはオーストラリア仕様のためシャッター音がなりません。人の多い中(たとえば電車内)でスクショを取る時は気兼ねすることがなく便利で気に入っていました。以前はiPhoneの修理は全交換が多かったので日本で直したらシャッター音のついた日本仕様の端末に変えられてしまうのかもという不安もあり、メルボルンにいるうちに修理することにしたのでした。

たしかにiPhoneは高いけれど。。。。

こういう時に海外でも(というかApple Storeがある国なら世界中どこでも)修理できてしまうのは便利で助かるなぁと思いました。

 

ちなみにチャットストーン ショッピングセンターはこちら。お買い物には一押しの場所です!





-Diary, Living in Melbourne, tavel, お役立ち情報

執筆者:

関連記事

多重国籍について国際結婚したぼくが思うこと。

Photo by Soichi Hello, mate! 先日、ラジオで二重国籍の問題が取り上げられていました。 ぼく自身は二重国籍ではないし、今のところ外国の国籍を取る予定もありませんが、将来こども …

日本でしか食べられないかもしれない? 海外に移住する前に食べておきたい物を挙げてみました

I had nice my birthday lunch with my wife at Higher Ground. I enjoyed long black coffee there. #melb …

外食に出かけた時に感じた日豪の違い オーストラリアと日本での「食べる」ということについて考えてみた

Hello, mate! オーストラリアに来てから外食する機会が何回かあって日本との違う点について考えることがありました。 なぜ、考えてみたかというと元々あんまり外食が好きじゃなかったんですよね。親が …

印鑑がないと大変。。。外国人配偶者にとっての銀行口座開設。どうすれば?

Hello 国際結婚をした人のうち必ず何割かは経験したことがあるかもしれません。 窓口で、日本で口座を作る時に「印鑑がないのでできません」と言われてしまった経験ありませんか?   じゃあ、印 …

Ange Postecoglou (ポステコグルー) オーストラリア代表監督の自伝【Changing the Game】を読んでみて感じたこと

Hello mate! 今回は好きなサッカーの話題をば。日本にいた時はよく友達とJリーグを観に行っていました。今でもネットで結果やハイライトをチェックしています。 もちろん、今はオーストラリアにいると …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ