A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

Starting life in AU/オーストラリアでの生活準備 お役立ち情報

オーストラリアと日本間の電話はどうすれば?いろいろ国際電話サービスを試したぼくが考えたこと

投稿日:10月 17, 2016 更新日:

dscn0149

 

電話を受けた時に、ぼくのケータイにNO ID CALLER (非通知)もしくはUNKOWNの文字が浮かび上がることがあります。

 

メルボルンに住む義理の家族からの電話はいつも非通知で表示されます。

 

国際電話を受けた時にはきちんと番号が表示されることもありますから、非通知になるかならないかはむこうが使っているサービスにもよるのかもしれません。

なぜかむこうの家族はSkypeなどの無料インターネット電話ではなく固定電話からの方が話しやすいみたいです。

 

上記はこちらがオーストラリアから電話を受ける場合ですが、こちらも急ぎの時やおじいさんおばあさんの家に連絡を入れる時は固定電話にかけたほうが良いことも時々あります。

SkypeやGoogle Hangoutsなど無料のインターネット電話サービスが充実してきた近年ですが、オーストラリアと日本間で国際電話をすることも少なからずあります。

 

また、これからオーストラリアに移住したのちに急ぎの用事で日本の実家に電話したり、あるいは市役所などに問い合わせをしたりする機会がこれからあるでしょう。

 

どんな方法での国際電話が一番便利でコスパが良いか考えてみました。

 

スポンサードリンク





 

やはり固定よりお得なのはインターネットのチャットサービス

固定電話はどうしてもお金がかかってしまいます。

やはり無料のインターネットチャットサービスを使った方がお得。相手もスマホかタブレット、PCが確保できるならば下記のいづれかがおすすめです。

 

Skype

メリット:老舗のサービスなので老若男女に使っている人が多い。

デメリット:音質があまり良くないイメージ。

 

FaceTime

メリット:音質画質ともに高品質。

デメリット:アップル社製品同士でしか使えない。

 

Google Hangouts

メリット:音質画質ともにきれい。アメリカの固定電話にかけるのは無料。

デメリット:それほど普及していないイメージ。

 

LINE

メリット:日本ではかなり普及しているサービス。日本であれば(ほぼ)誰でも使っている。

デメリット:日本では普及しているけれど向こうでは知名度にはかけるおそれ。

 

上記におもいつくサービスを挙げてみましたが一長一短ですね。

相手がどのサービスを使っているかによって選択肢が変わってきます。また、上記のサービスはどれもPCをひらいていたり、スマホを持っていたりするのが必須条件です。

 

日本国内からオーストラリアの固定orケータイにかける場合

サービス名 オーストラリアの固定へ オーストラリアのケータイへ
LINE Out    2円/分     6円/分
Google Hangouts    2¢/分     7¢/分
Skype   475円/月      NONE
FaceTime    NONE              NONE

※¢はUSセント

※Skypeは固定&ケータイのプランはあり

 

結論からいうとLINE Outがおすすめです。

日本からでも他の国からでも、1分2円で固定電話にかけることができます。ケータイへも6円でかけられるのはお得です。

Skypeは月4時間近く固定にかける人ならばお得ですが、その必要がある人は限られるかなと思います。

 

 

オーストラリアから日本の固定orケータイにかける場合

サービス名 日本の固定へ    日本のケータイへ
LINE Out  3円/分     14円/分
Google Hangouts  3¢/分      9¢/分
Skype 475円/月      NONE
FaceTime   NONE      NONE

※¢はUSセント

※Skypeは固定&ケータイのプランはあり

 

オーストラリアから日本の固定にかける場合はLINE Outが1分3円で最安。ケータイの場合は9¢でGoogle Hangoutsに軍配が上がります(2016年10月現在のレート)。

ただ、Google Hangoutsの場合は番号は非通知になる点が玉に瑕です。

 

また、LINE Outは日本国内の多くのお店や市役所へは無料でかけることができます。

 

結論:日本からオーストラリアへはLINE Out、オーストラリアから日本へはケータイはGoogle Hangouts、固定へはLINE Out

全体的にLINE Outがお得なようです。

以前はテリンクのサービスを利用していました。国内通話料+数円/分のチャージで国際電話ができたので、当時は便利だと思っていましたがLINE OutやGoogle Hangoutsの出現でもっと安く、便利になりました。通信はどんどんボーダレスになって便利になりますね。

 

時間を気にせずオーストラリアと日本の間で通話ができるのはうれしいことです。





-Starting life in AU/オーストラリアでの生活準備, お役立ち情報

執筆者:

関連記事

スマッシュドアボカドあれこれ 自分で作るのもおいしいかも

メルボルンに引っ越してきて1年。まだまだメルボニアンやメルボルンっ子とは言えない筆者ですが、個人的にはスマッシュドアボカドはメルボルンのソウルフードなのではないかというふうに思います。   …

オーストラリアで免税のお買い物をする方法、TRS(タックスリファウンドスキーム)の活用法

Hello, mate! ちょっとみなさんのためになる情報を。 オーストラリアではタックスリファウンドスキーム(通称:TRS。品物の代金に含まれる消費税の返還)があります。   これは帰国時 …

サッカーファンのためのAAMIパーク(メルボルン レクタンギュラー スタジアム)攻略法

Hello, mate! 筆者はもともと日本ではJリーグのあるチームのサポーターでした。メルボルンに来てからもJリーグの試合結果はいつもフォローしています。もちろんAリーグに興味があり、時々ではありま …

【友達のために作ったメモを公開】メルボルン旅行に必要だと思うもの

全豪オープンが終わりました。ご存知の通りフェデラーの復活から二連覇という結果に。昨年暮れ、日本にいるテニスコーチをしている筆者の友達が「全豪があるからメルボルンに来たい」とLINEでメッセージを送って …

自前の写真をのせながらメルボルン市街地の見どころスポットを挙げてみたよ

Hello, mate! 日本で「オーストラリアのどこへ行くの?」と訊かれて「メルボルンです」と言ってもなかなかピンとくる人は少ないみたいです。   日本でのオーストラリアのイメージといえば …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ