A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

Starting life in AU/オーストラリアでの生活準備 お役立ち情報 読書

船便で送った荷物が届きました! 東京〜メルボルン間を49日

投稿日:12月 5, 2016 更新日:

img_4126

Hello, mate!
メルボルンに到着してから3日目、11月29日のことでした。

バックヤードでお茶を飲んでいるとベルが鳴りました。デリバリーが見覚えのあるダンボールを運び入れてくれたのです。

 

10月10日に東京の近所にある郵便局から船便扱いで送った本の入ったダンボールでした。

船便ははたして届くのか不安でしたが、長い旅路を経てしっかりメルボルンについてくれました。

 

スポンサードリンク





 

49日の船の旅をした本たち

img_5212

送ったのはこぶりなダンボール箱に入った本、約5キロ弱でした。

送ったときの詳細はこちらをご覧ください。

本を日本からオーストラリアへ送るなら?国際郵便「印刷物」について調べてみました


10月10日に郵便局へ行き、11月29日に到着しました。約50日、正味49日を経てメルボルンにやってきたわけです。

中身は特に問題なし

箱詰めの時は本を重ねたり立てたりして入れ、間にくしゃくしゃにした紙を入れておきました。

くしゃくしゃの紙だけの非常にシンプルな処置でしたが、本が傷ついている様子はありませんでした。若干、くしゃくしゃにした紙が湿っているような気はしましたが、全く本は無事でした。

もちろん、ダンボールはしっかりと丈夫な作りのものをホームセンターで買い、ガムテープでしっかりと封をしました。みかんのダンボールの使い回しだと、税関の関係で開けられてしまうことがあるそうで郵便局では無地のものを推奨されました。また、強度も新品のほうが良いと思いますので、ホームセンターなどで丈夫なものを買うことをおすすめします。

まとめ:船便は遅いしちゃんと届くか不安だったけれども全く問題なかった

船便が帰ってきてしまったとか、どこかへ行ってしまったとかという話をきいたことがありました。なので、届くか非常に不安でした。

もちろん、時間はEMSや航空便に比べてかかりましたが、しっかり届いてくれたので何の問題もありませんでした。特に本のみの「印刷物」は安くで遅れるので、本を移住先に送りたい人には良い選択肢かもしれません。

 

では、また!





-Starting life in AU/オーストラリアでの生活準備, お役立ち情報, 読書

執筆者:

関連記事

(備忘録)銀行員のおにいさんと握手!オーストラリアで銀行口座をNABで開設しました/2016年12月

Hello, mate!   オーストラリアに入国したら移住者にはやるべきことが最初に3つあります。   ①TFN(タックスファイルナンバー)を申し込む ②medicare(健康保 …

【読書】木村尚三郎『ヨーロッパ思索紀行』には多文化主義のことEUのことBrexitのこと、そして日本の将来像に関する示唆がいっぱいだった

学生の時に衝動に近い気持ちでLondonを旅しました Hello, mate! さて、あれは6月23日のこと。仕事が休みだった僕は豪ドルと両替しようとPCの前にいて両替サイトを開いていました。 前日ま …

メルボルンから車で約2時間 Daylesford(デイルスフォード)への旅

Hello, mate! メルボルンからの小旅行先としてはBendigo(ベンディゴ)とかBallarat(バララット)が有名です。 メルボルンから列車の旅 バララット/Ballaratの見どころ こ …

iPhone6の画面が壊れたのでメルボルンのチャッドストーン/Chadstone Shopping Centreに修理しに行った時の話

昔パリで撮ったApple Storeの写真。ルーブル美術館の地下にあった   Hello, mate! ぼくの愛用スマホはiPhone 6で、メルボルンのチャッドストーンショッピングセンター …

印鑑がないと大変。。。外国人配偶者にとっての銀行口座開設。どうすれば?

Hello 国際結婚をした人のうち必ず何割かは経験したことがあるかもしれません。 窓口で、日本で口座を作る時に「印鑑がないのでできません」と言われてしまった経験ありませんか?   じゃあ、印 …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ