A Japanese husband and Aussie wife blogging and enjoying coffee in Melbourne :) メルボルンでの生活、国際結婚カップルのあれこれ

Diary opinion 文化/Culture 社会/society

オーストラリア・デーつれづれ

投稿日:1月 27, 2018 更新日:

126日はオーストラリア・デーでした。例に漏れず、筆者もビーチへ繰り出しました。

 

AD


スーパー等にはオーストラリアの国旗がこれみよがしにあしらわれたグッズがあふれていましたね。また多くの人がバーベキューを楽しんだことでしょう。

 

筆者の大好きな曲はアイルランドの歌、Fields of Athenry です。アコースティックの調べと柔らかい曲調が魅力的です。

ただ歌詞にはとても悲しい歴史の出来事が刻まれています。内容はアイルランドで飢饉が起きたときにとうもろこしを盗んでしまい、オーストラリアのボタニーベイにアイルランド人の子持ちの男性が島流しにあうと言うストーリーです。

この曲を知ったのは、アイルランドに旅行した時にパブで歌っている人がいたからでした。その前後にアイルランドの歴史について調べたことがあったので歌詞を調べてみてて、心に残りました。

 

ご存知のように当時オーストラリアに来たヨーロッパからの移住者の多くは小さい罪を犯して島流しにあった人たちでした。祝日オーストラリア・デーはそうした移民たちが最初にシドニーの地を踏んだ日にち(1788)にちなみます。

我が家では、1968126日にヨーロッパから移住してきた義理の母にとって、「オーストラリア・デー」はオーストラリアでの新生活が始まった最初の日ということで感慨深い思いがあるようです。

さて一方でこういったニュースも。

‘People are starting to understand’: huge Invasion Day protest stuns Melbourne

https://www.theguardian.com/australia-news/2018/jan/26/huge-invasion-day-protest-melbourne-australia-day
(the guardian)

見方を変えれば先住民アボリジニにとってはオーストラリアの歴史は侵略の歴史でもあるといえます。

オーストラリアデー日付を変えようという動きが近年盛り上がってきているとのこと。記事によれば数年前まではほとんど参加者がいなかったこのキャンペーンも今年は40,00060,000人近くが参加したそうです。

筆者はオーストラリアに来てからまだ1年しか経っていませんが、1年前はイスラム系のヒジャブをかぶった少女の写真がオーストラリアデーの看板に使われたことで「オーストラリアらしさ」について議論となったのを覚えています。

あの時はオーストラリアの多様性を象徴するとしてサポートに回る人たちが現れました。

 

今後、数年でオーストラリアデー関する議論も深まっていくのか注目したいと思っています。アボリジニを先住民と憲法に明記するかどうかの問題もあります。国旗についてもユニオンジャックをのぞいてアボリジニの太陽のものにしようとの意見も聞いたことがあります。

こうした議論は自虐史観と捉える人もいるのかもしれません。ただある程度の意見を声にできるというのがオーストラリアの懐の深いところと考えてもいます。

 

もちろん、オーストラリアが理想郷などというつもりはありません。アンザックデーの時にツイートをして物議をかもしたYassmin Abdul-Mageid さんのときの出来事のように、ナショナリズムの「神話」の根強さも目の当たりにしましたが。。。

 

 

とまぁ、そんなことがよぎった祝日でした。

読んでくださりありがとうございました。

 

See ya!





-Diary, opinion, 文化/Culture, 社会/society

執筆者:

関連記事

日本でしか食べられないかもしれない? 海外に移住する前に食べておきたい物を挙げてみました

I had nice my birthday lunch with my wife at Higher Ground. I enjoyed long black coffee there. #melb …

Vicroadsで日本の運転免許をヴィクトリア州の免許に書き換え 念願の英語のIDを手に入れました

ある日、近所の酒屋さん(Don Murphy’s)へ行った時のこと。 入り口で店員のお兄さんから「IDみせて?」と言われました。   財布の中にあったMedicareカードを見せたのですが、 …

ぼくが感じるオーストラリアとのご縁/修学旅行&初海外がオーストラリア

Hello! もうすぐMelbourneに移住します お世話になっている方たちにご報告をしはじめているのですが、やはりしみじみとした気持ちになります。 ぼくは自営業なので信頼関係によって生きてきたなぁ …

メルボルンから車で約2時間 Daylesford(デイルスフォード)への旅

Hello, mate! メルボルンからの小旅行先としてはBendigo(ベンディゴ)とかBallarat(バララット)が有名です。 メルボルンから列車の旅 バララット/Ballaratの見どころ こ …

自前の写真をのせながらメルボルン市街地の見どころスポットを挙げてみたよ

Hello, mate! 日本で「オーストラリアのどこへ行くの?」と訊かれて「メルボルンです」と言ってもなかなかピンとくる人は少ないみたいです。   日本でのオーストラリアのイメージといえば …

booking.com



Booking.com

こんにちは

Hello, guys!

日豪カップルがメルボルンや国際結婚についてのあれこれをつづります。楽しんで読んでもらえればうれしいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ